過去の受賞作品

第16回コピー大学賞 結果発表

第16回コピー大学賞の結果

課題:

人に親切にしたくなるようなキャッチコピーを考えてください。

課題提供:コピー大学

 

グランプリ

 

世界をちょっと優しくできる

中村 侑季さん

 

奨励賞

 

だれかの幸せをあなたから。

 らいでんさん

 

あしたのあたしも、きっといい人。

新垣 朝之真さん

 

コピー大学事務局評

今回の応募総数は 7,171作品でした。

「席をゆずる」「親切は自分に返ってくる」「ブーメラン」「ヒーロー」「ありがとう」というキーワードや考え方をベースにしたアイデアが目立ちました。

毎回、似たようなコピーの応募は多数あります。

しかし、類似する発想は、言い換えると「誰もが思いつくこと」です。他の人が気づかない発想や表現を生み出してこそ、価値のあるキャッチコピーになります。

 

グランプリに選ばれた「世界をちょっと優しくできる」は、一般審査による得票数がダントツのトップでした。

一般審査員の評価は、

「押し付けがましくない感じがいいと思った。一番すっと入ってくる表現だと思う」
「親切しろというような押し売り感がなく、親切は無理なく簡単なことで皆を幸せに優しくできるイメージがするから」
「1人1人の親切な行動が世の中にいい影響を与えるという感じが良い」
「時代を動かすぐらいの力あるコピー。」
「控えめだけど印象に残るキャッチフレーズだと思いました。」
「ちょっとという言葉が自然でいいなと思った」

といったものでした。

特に多かったのは、「押しつけがましさがない」というコメントです。

つまり、このコピーを見た人が自ら「親切にしよう」と思うコピーだということです。

 

惜しくも賞からもれてしまいましたが、下記の作品も一般審査において高い評価を得ています。

「親切って、気持ちいい」

「気づいてないの?自分の優しさ。」

「親切はギフトだ。」

「あなたは、わたし」

「人はやさしさでできている」

-過去の受賞作品

© 2020 コピー大学賞