あなたのためのキャッチコピーコンテスト

HOME > 第14回コピー大学賞受賞作品

第14回コピー大学賞の結果

課題:

映画館で映画を観たくなるようなキャッチコピーを考えてください!
課題提供:コピー大学

グランプリ

該当者なし



奨励賞

やっぱり、映画館。

大橋凌太さん

やっぱり、映画館

チコさん

感動は、画面サイズに比例する。

coffee monsterさん


感動は、きっと画面サイズに比例する

うしクン

すべて忘れて夢の中

夢子さん

映画館の楽しさ、忘れてません?

唐橋慧さん

コピー大学事務局評

今回の応募総数は 6,127作品と、非常に多くの作品が集まりました。

しかしながら、一般投票において「相応しいものがない」という投票が最も多かったため、今回はグランプリ作品は「該当なし」という結果になりました。

応募作品の傾向として、映画館という身近なテーマだったためか、似たような作品がたくさんありました。

「スマートフォンとの比較」「ポップコーン」「映画泥棒」「非日常」「異世界」「アトラクション」「エンドロール」「レンタル」「大勢の人との感動の共有」といった内容のものがたくさんありました。

奨励賞に選ばれた作品の中では、「やっぱり、映画館。」と「感動は、画面サイズに比例する。」が、多くの票を得ました。(※この2作品は、読点のあるなし、「きっと」の言葉のあるなしという、わずかな違いです)

惜しくも賞からもれてしまいましたが、下記の作品も一般審査において高い評価を得ています。

2時間くらい夢を観せてよ

アシタ、アタシ、シアター

映画は、映画館向けにつくられている。